お花

草取りの正しい仕方|熱中症と害虫に注意しよう

雑草への対策

園芸

庭の雑草を防ぐ方法として、砂利を敷くことがおすすめです。その際は造園業者に依頼し5センチの厚みで敷くことで効果が感じられます。またその際に防草シートを利用すると、より効果があります。また砂利を敷くメリットは、雑草の防止以外にも防犯効果や水捌けを良くする効果などがあります。

Read More

美しい庭を維持するために

ガーデニング

千葉の庭付きの住宅で木の伐採作業を行わず放置してしまうと、害虫が増えたり枝が伸び放題になります。そういったことを避けるために、プロの業者に依頼することがお勧めです。知識と技術を持ったプロが、効率よく作業を行ってくれるメリットがあります。

Read More

炎天下の雑草対策

エクステリア

熱中症と害虫には要注意

じりじりと熱い日差しが照りつける夏、庭を占拠した雑草の群を眺めてため息をついている人も少なくありません。冷房の効いた涼しい室内から、炎天下の庭に出て草取りをするのは気の重い作業です。雑草がもっと涼しい季節に伸びてくれれば草取りも楽なのですが、日差しが強まる夏場に限って勢いを増してきます。早朝の涼しいうちに草取りをすれば作業は少しでも楽になりますが、早く起きられないという人もいます。仕方なく炎天下の庭に出て草むしりを始める場合は、紫外線対策と熱中症予防が欠かせません。強い日差しを避けるためには、麦わら帽子や手ぬぐいなどで日除けをするといいでしょう。できるだけ肌の露出を少なくすることも大切ですが、風通しが悪くなると体内に熱がこもりやすくなります。こまめな水分補給も体温調節に必要です。炎天下の草取り作業に伴う注意点は熱中症対策ばかりではありません。雑草が伸び放題となっている藪の中には、ハチや藪蚊などの害虫も潜んでいるものです。肌の露出を少なくする目的は日除けばかりでなく、こうした害虫に刺されるのを防ぐ意味もあります。雑草の中には手を切ったりする種類もあるので、軍手の着用が望ましいと言えます。

面倒な作業は業者任せが楽

こうした炎天下での草取り作業を楽にするためには、刈払機や除草剤などを使うという手もあります。刈払機はホームセンターでも家庭用の安い製品が売られています。頑固な雑草を短時間で一掃させるためには、少々値段は張りますが電動式よりエンジン式の方が向いています。使用法を誤ると危険ですので、草刈機の取扱には万全の注意が必要です。除草剤にもいろいろな種類があります。雑草に関する知識を持った人なら特定の種類だけを効果的に枯らすこともできます。防草シートの設置は雑草の生える余地をなくするために最も徹底した対策ですが、庭が広い場合は費用も高くなってしまいます。除草剤や防草シートは、雑草が繁殖する前の対策としてはある程度有効です。そうした仕掛けを事前に実行できず、雑草が庭に伸び放題のまま夏を迎えてしまうこともよくあります。ある程度の費用がかかってもいいから、草取りを楽に済ませたいと考えている人は少なくないものです。そんなときは草取り業者を利用するのが一番楽な解決法です。草取りのプロは出力の高い刈払機を使って短時間のうちに雑草を処分します。希望すれば除草剤なども使って雑草が生えるのを予防してくれます。

ぜひ業者に依頼しましょう

園芸用品

体力を消耗し熱中症が心配な夏場や、足元の悪い冬場などのみ、庭の手入れを代行してくれる業者に依頼するのも一つの方法です。依頼する時期を工夫する事で、庭の手入れが格段に楽になります。また、庭木の伐採後に切り株を撤去してくれる業者もあるので、希望している方は事前に調べてみると良いでしょう。

Read More